柔道整復師、鍼灸師、歯科衛生士の国家資格取得なら、福島医療専門学校(福島医専)

建学の目的

福寿高尚の教育

21世紀を迎え、生きがいのある「福寿」に満ちた長寿社会の構築を目指し、「医は仁術である」という崇高な精神のもとに「高尚」の教育を推進し、医療社会に貢献できる人間性豊かな人材を育成することを目的とする。

教育目標

  1. 深い教養と諸能力を持つ人間を育てる
  2. 医道に奉仕する心を持つ人間を育てる
  3. 自然を敬い、生命の尊厳を重んじる人間を育てる

教育方針

  1. 深い教養と諸能力を追求する「創造教育」
    グローバルな時代の中で、高い次元から「より深い哲学的教養を養い、文化を創造する能力」を育てる。
  2. 倫理観と向き合い、人間愛にあふれた「医術教育」
    医道を極めるにふさわしい臨床的技術を追求する過程において、「思いやりと優しさに裏打ちされた奉仕の心」を育てる。
  3. 美しいものに感動し、自然と人間のあり方を探求する「環境教育」
    宇宙では、人間をはじめすべてのものは固有の生命を持ち、どれが中心ということはない。「生きとし生けるものは総て生かされている」という自然観を敬う心情を育てる。

ご挨拶

理事長 岸野 雅方

理事長 岸野 政子

知識と技術と人間性を育む。

現代社会は高齢化が進み、また健康志向も高まっています。世の中の変化は、柔道整復師や鍼灸師、そして歯科衛生士にとっても福祉や美容へと活躍の場を広げることとなりました。

そのような状況にあって、本校では単に知識や技術だけでなく、豊かな人間性まで育めるような教育環境づくりに取り組んでいます。今後も「ちえ、わざ、こころ。」を兼ね備え、社会に貢献できる医療人の育成を目指して努力していきたいと考えています。

学校長 八木 康一

学校長 飯島 正治

充実した人間関係の実現へ。

本校は多くの有為な人材を輩出してきました。
さらに社会貢献できる人材の育成を目指し、国家資格を得るために必要な知識と技術を習得し、臨床教育・人間教育を充実することで、目的意識を持ち早期に社会的に自立のできる人材育成を行います。また本校で学ぶことに学生が満足感を得られる教育環境を整え、教員の知識・熱意が在校生はもとより卒業生にも伝わり、充実した人間関係が保てる学校を実現していきます。

 

資料請求資料請求

福島医療のイベントを
のぞいてみよう!

  • 体験できる! オープンキャンパス
  • 学校説明会
PAGETOP