柔道整復師、鍼灸師、歯科衛生士の国家資格取得なら、福島医療専門学校(福島医専)

よくある質問

授業は難しいですか? 卒業できますか?
もちろん覚えることはたくさんありますが、心配しなくても大丈夫です。本校では、入学から基本を学んでいくカリキュラムを組んでいます。そのため、3年生になるころには、かなり難しい授業にもついていけるようになります。つまずいたところがあれば、随時補習などで個別のサポートが受けられるので大丈夫です。
遠くから通う学生は多いのですか? 一人暮らしの方がいいですか?
半数以上の学生が遠方から通学しています。JRの在来線や高速バスで通学している学生もいます。学校の近くには手ごろな価格のアパートや下宿も多く、学校で管理している学生寮もあります。お気軽にご相談ください。
学生寮について確認する →
通学の手段について教えてください。
JR郡山駅から約10分おきに路線バスが出ているので、ご利用ください。福島、会津若松、いわきからは高速バスも出ており、学校の近くに停留所があります。最寄りのバス停から学校までは数分の距離です。また、学生寮からは歩いて通学できます。
アクセスマップを確認する →
自動車で通学できますか? また、バイクで通学できますか?
届け出があれば可能ですが、近隣の駐車場と契約する必要があります。学校の駐車場も利用可能ですが、有料(月極)になります。詳しくはご相談ください。自転車、自動二輪での通学は許可制です。通学の際は、学校の屋根付き駐輪場が無料で使えます。
アルバイトなどは可能ですか?
本校の授業は午前、午後、夜間の3部構成となっているため、空いた時間にアルバイトをしている学生が多いようです。本校では、机上の勉強だけでなく在学中の社会勉強も重要と考えています。研修先の紹介も行っているので、お気軽にお問い合わせください。
運動はあまり得意ではないので、柔道の授業が心配です。
柔道の授業は、勝ち負けや技術向上を目的としたものではありません。礼法や形を中心に、無理のない構成で行っています。格闘技なので体力を要する授業ですが、けがのないように指導を徹底しているので、男性はもちろん、まったく柔道経験のない女性でも心配ありません。
昼食や夕食はどうしたらよいですか?
学食はありませんが、学校周辺にはファーストフード、ファミリーレストラン、コンビニエンスストアなどがたくさんあります。校舎内には飲み物や軽食の自動販売機もあります。自宅から軽食を持参する学生もいます。
男女比はどれくらいですか? 通学時の服装に決まりはありますか?
柔整、鍼灸、歯科衛生士を合わせた男女比は、ほぼ同数となっています。服装は原則的に制服となります。
在校生の男女比、年代比について →
部活動やサークル活動について教えてください。
外部のスポーツ団体などを積極的に支援し、経験を積めるトレーナー研究会をはじめ、文武両道を目指す柔道部、新聞発行を行う学友会、学術論文大会を運営する学術委員会、卒業アルバムを制作するアルバム委員会などがあります。いずれも積極的な活動を通して、学校生活の活性化を図っています。
キャンパスライフをチェックする →
 
PAGETOP